運転免許証再交付のポイント23選!書類、手数料、よくある質問など

更新日:

いざドライブへ!と、意気揚々と身支度をしていたら「あれっ。免許がない!」。いつそんな事態に遭遇するか誰にも予想がつきません。万が一そんな事態になっ陥ったら急いで再交付しないといけません。そこで、運転免許証の再交付について、どういうときに再交付することができるか、またはその手続き場所などについて紹介したいと思います。知っておいて損のない情報。ぜひチェックしてください。

CONTENTS

運転免許証の再交付が必要な時

運転免許証の再交付の申請が必要になるということは、もっともわかりやすい状況としては、「紛失」や「盗難」ではないでしょうか。運転免許証がなくなってしまうと、運転ができなくなってしまうばかりでなく、ほかにも不自由が生じてきますよね。またこれ以外にも、再交付が必要なときはいくつかあります。まずは、どういうときに運転免許証の再交付が必要になるのか? について、紹介していきたいと思いますので、チェックしておいてください。

1:「運転免許証を紛失してしまったり、盗難に遭ったとき」

Provision

もし、運転免許証を失くしてしまったり、盗難に遭ってしまったら、とっても不安ですよね? そして、お手元に運転免許証がない状態ということで、運転ができなくなります。にもかかわらず、そのまま運転をしていると、道路交通法違反(免許不携帯)になってしまいますよ。ほかにも身分証明証となるものがないなど、何かと不自由になってしまいますので、再交付手続きをすぐにしましょうね。

2:「運転免許証を汚損や破損してしまったとき」

Provision

運転免許証は、身分証明証としても有効なものであるので、それが所有者本人であると、わからないと意味がないですよね? それに、免許の種類(どの車両を運転できるのか)も、記載されているので、これも明確にわからないとダメ。そのため、著しく汚れてしまったり、運転免許証に記載されている内容や顔写真がわからなくなってしまうくらいに破損してしまったら、再交付してもらいましょう。

3:「暗証番号が毀損される、またはその可能性があるとき」

Provision

ちょっと聞きなれない言葉ですが、現在の運転免許証には、暗証番号があるのは、ご存知ですよね? 取得時や更新時に入力する、4ケタの番号のことです。もしこの暗証番号が、他人に知られてしまった、あるいはその可能性があるときには、新しい暗証番号に登録しなおした方が安心です。暗唱番号を知られることで、自身の個人情報が流出する可能性があります。

(紛失や盗難の場合)警察や交番へ遺失届(盗難届)の提出を忘れずに!

gram

もし、運転免許証を失くしたり、盗難に遭ったら、警察もしくは最寄りの交番へ遺失届(盗難届)を出すのを忘れないようにしてください。後日、ひょっこり出てくるかもしれませんし、考えたくはありませんが、悪用されないという保障はどこにもありません。予防策としても届けておいた方が安心ですよね。
遺失届(盗難届)は、再交付を受ける前でもあとでも、どっちでもできますが、別の手続きになるので、その点ご注意ください。
また、届け出をすると、画像のような受理番号が書かれた用紙を受け取ります。この番号で届け出の内容が管理されることになるので、なくさないように大切に保管するようにしましょう。

なにはともあれ、再交付は迅速に!

Provision

以上が、「運転免許証の再交付が必要なとき」になるわけですが、どの状況も「手元に運転免許証がない」、「汚れがひどくて誰のものだかわからなくなっている」、あるいは「暗証番号が他人に知られてしまうかも」、といった具合に緊急を要する場合であるとうのはどれも共通していますよね。いずれのケースにおいても、そのまま放置しておくと、あとあと面倒になるのは自分自身です。とにもかくにも迅速に手続きを行うようにしてくださいね。

運転免許証の再交付の手続き場所

では、運転免許証の再交付の手続きができる場所について、紹介したいと思います。手続きができるのは、運転免許証に記載されている住所を管轄している、

・警察署
・運転免許センター
・運転免許試験場

のいずれかになります。
ただ、都道府県によっては、警察では再交付ができないなどがあるようなので、運転免許試験場や運転免許センターへ行くのが間違いないかと思います。ともあれ、まずはお近くの警察署などにお問い合わせいただき、ご確認されることをおすすめします。
参考までに、東京都を例に挙げますと、以下の運転免許試験場でのみ、再交付手続きができるようになっています。

gram

1:「鮫洲運転免許試験場」
住所:〒140-0011 東京都品川区東大井1-12-5
電話番号:03-3474-1374
受付時間:8:30~16:00(平日のみ受付)

【駐車場】
あり
※現在工事中につき、利用不可との情報があるので、公共機関の方が無難かと思います。

【最寄り駅】
京浜急行線「鮫洲駅」から徒歩約8分
東京モノレール「大井競馬場駅」から徒歩約15分
東京臨海高速鉄道りんかい線「品川シーサイド駅(B出口)」から徒歩約15分
JR線「品川駅(高輪口)」→都営バス(大井競馬場行)「鮫洲運転免許試験場前(東京運輸支局前)」下車(所要時間約15分)
JR線「目黒駅前」→都営バス(大井競馬場行)「鮫洲運転免許試験場前(東京運輸支局前)」下車(所要時間約25分)

【アクセス】
首都高速湾岸線「大井南IC」から約10分


現地へのアクセス


公式サイトへ

gram

2:「府中運転免許試験場」
住所:〒183-0002 東京都府中市多磨町3-1-1
電話番号:042-362-3591
受付時間:8:30~16:00(平日のみ受付)

【駐車場】
あり
※すぐに満車になるので、公共機関で行くことをおすすめします。

【最寄り駅と行き方】
JR線「武蔵小金井駅」→京王バス(多磨町、調布駅行)「試験場正門前」下車(所要時間約10分~20分)
JR線「武蔵小金井駅」→小田急バス(三鷹駅行)「試験場正門前」下車(所要時間約10分)
JR線「三鷹駅」→小田急バス(武蔵小金井行)「試験場正門前」下車(所要時間約30分)
京王線「調布駅」→京王バス(武蔵小金井行)「試験場正門前」下車(所要時間約30分)
京王線「多磨霊園駅」→京王バス(武蔵小金井行)「試験場正門前」下車(所要時間約15分)

【アクセス】
中央自動車道「調布IC」から約15分


現地へのアクセス


公式サイトへ

gram

3:「江東運転免許試験場」
住所:〒136-0075 東京都江東区新砂1-7-24
電話番号:03-3699-1151
受付時間:8:30~16:00(平日のみ受付)

【駐車場】
なし(近隣に有料駐車場があるのみです)

【最寄り駅】
東京メトロ東西線「東陽町駅」から徒歩約5分
JR線「亀戸駅(北口)」→都営バス(東陽町行)「江東試験場前」下車(所要時間約30分)
JR線「錦糸町駅(南口)」→都営バス(門前仲町行)「江東試験場前」下車(所要時間約30分)

【アクセス】
首都高速9号線「木場IC」から約10分
首都高速9号線「枝川IC」から約15分


現地へのアクセス


公式サイトへ

運転免許の再交付手続きには、公共機関で行くようにしましょう

Provision

参考に挙げた各試験場の情報には駐車場に関する記載がありますが、紛失や盗難などの理由で、お手元に運転免許証がない状態で、再交付の手続きをするために車で移動するのは、すべきではありません。むしろ、してはダメ。運転免許証を所持せずに運転すれば、道路交通法違反になります。なので、ご面倒でも公共機関で行くのが間違いないというわけです。

「必要書類」と「手数料」をご案内!

gram

運転免許証の再交付をするときには、事前に用意しておかなけれなばならない書類などがいくつかあります。これら必要書類は、各都道府県によって扱いが違っているので、お近くの警察署や免許センターなどに、ご自身で事前にご確認されることをおすすめします。ここでは、東京都を例に挙げて紹介したいと思いますので、参考にしてください。

1:「運転免許証」

gram

汚損や破損、あるいは毀損の人は、当たり前ですがお手元に運転免許証があるわけですから、忘れずに持って行くようにしてくださいね。

2:「顔写真」1枚

gram

タテ3センチ、ヨコ2.4センチの大きさで、帽子を被っていない状態で正面から、上三分身(頭頂部からスーツだとネクタイの結び目くらいの位置まで)で無背景、申請前6ヵ月以内に撮影されたものに限ります。
もっとも、あらかじめ用意しなくても、免許センターや運転免許試験場内、またはその近くに、スピード写真機があったりするので、それで撮影したものでも問題なく手続きできます。

免許証写真の写りに満足していない人は約6割いるといわれています。そんな大勢の人に向けて今回は綺麗に写るときのポイントをまとめて紹介します。白いハンカチをレフ代わりにするなど、ちょっとした工夫でクオリティを上げることもできますので、要チェックです。後半では芸能人の写りについても紹介しています。

3:「本人確認書類」

Provision

これは、紛失や盗難で運転免許証が手元にない、あるいは汚損などがひどく、運転免許証で本人確認が取れない場合に必要になります。本人確認書類としては、住所、氏名、生年月日が確認できることが必要になります。例えばこんなものをご用意ください。

・保険証
・社員証
・学生証
・住民票(※マイナンバーが記載されていないもので、現物のみでコピーやファクスなどは不可)
・在留カード
・特別永住者証明書
・パスポート

といったところになるかと思います。
もし、運転免許証の写真で本人確認が難しい場合は、写真付きの書類だと楽かもしれません。

これら事前に用意するもののほか、現地に着いたら以下の申請書に記入して、受付を行うことになります。

1:「運転免許証再交付申請書」
2:「運転免許証紛失・盗難てん末書(運転免許証再交付申請理由書)」

いずれも現地に置いてあるので、どこに置いてあるかわからない場合や、記入方法がわからないといった場合は、職員の人に聞けば、ちゃんと対応してくれるので、その辺はまったく心配いりません。

このほか、用意や確認をしておいた方がいいもの

gram

東京都の場合は、上記のものが用意されていれば再交付はできますが、念のために用意などしておくと、急に必要になったときに困らずに済むものを挙げておきます。

・印鑑(認印で大丈夫です)
・本籍地

特に「本籍地」は、古い運転免許証には記載されていましたが、現在のものには記載されていないかわりに、埋め込まれているICチップ内に情報が入っています。なので忘れずに、ご自身の本籍地を確認しておいてください。

運転免許証の再交付にかかる手数料

Provision

運転免許証の再交付には、いったいいくらかかるの? なんて不安な人も多いのではないかと思います。その再交付にかかる手数料は次の通りとなりますので、チェックしておいてください。

手数料:3,500円(全国一律)

このほかにかかる費用としては、
・写真代
・(必要な人は)住民票など本人確認書類の取得料

これらの合計が全体の費用になります。残念ながら無料で再交付はしてくれないので、お金のご用意をお忘れなく。

その他よくある質問

Provision

ここでは、運転免許証の再交付に関連してよく見られる質問について、Q&A形式でいくつか紹介したいと思います。再交付が必要になったときに感じられる疑問点の解決に役立てていただけるよう、わかりやすくまとめたつもりなので、困ったときなどの参考にしてください。
(中にはこれまでの本文中の内容と重複しているものもありますが、どうかご理解ください)

Q1:「運転免許証を失くして、まだ再交付していません。この間は運転しても大丈夫?」

Provision

「先日、どこかで運転免許証を失くしてしまい、近日中に再交付の手続きを行いに行くのですが、その間は車の運転しても問題はないのでしょうか?」

答え:【道路交通法違反(免許証不携帯)になります】
これはよくある疑問かもしれませんが、よくよく思い返せば教習所で教わっていることです。道路交通法第95条にあるように、運転するときは、運転免許証の携帯が義務付けられています。失くしてしまったり、盗難に遭って、お手元にないといった状況でも例外ではありません。いかなる理由であっても、運転免許証がお手元にない状態で運転すれば、道路交通法違反として、反則金の支払い(3,000円)をしなくてはなりません。

下記に、該当する道路交通法を明記しておきます。

(免許証の携帯及び提示義務)
第九十五条  免許を受けた者は、自動車等を運転するときは、当該自動車等に係る免許証を携帯していなければならない。

Source: law.e-gov.go.jp

と、道路交通法で、ちゃんと運転するときには運転免許証はつねに携帯することが義務付けられています。これに違反すると、

第百二十一条  次の各号のいずれかに該当する者は、二万円以下の罰金又は科料に処する。
十  第九十五条(免許証の携帯及び提示義務)第一項又は第百七条の三(国際運転免許証等の携帯及び提示義務)前段の規定に違反した者

Source: law.e-gov.go.jp

とあり、反則金を払わないとなりません。ちなみに免許証不携帯での反則金は、3,000円です。こんな出費はバカバカしいので、どんなに技術があって運転したくなっても、再交付されるまでは運転はしてはダメですよ。
(第121条については、該当ヵ所のみ抜粋して引用しています)

【補足:「無免許運転」と「免許証不携帯」の違いについて】
ゴチャゴチャにしてしまいがちなので、ここで補足しておきますね。
「無免許運転」…運転に関わる資格(免許)がない状態での運転のことです。
「免許証不携帯」…運転免許証を所持せずに運転をしている状態のことです。

Q2:「運転免許証が再交付されるまで、期間はどれくらいかかるの?」

Provision

「この前、運転免許所をどこかで失くしてしまったことに気づき、これから再交付へ行こうと思っています。再交付されるのにはどれくらいの日数がかかるのですか?」

答え:【基本的には即日交付されます】
原則的に即日交付されます。ただ、これは「運転免許試験場」や「運転免許センター」で申請をした場合で、警察署で申請した場合には、後日交付されることになります。詳しい所要日数については、申請される警察署へお問い合わせください。
お仕事の都合などで、1日も早く運転免許証が届かないとならない人は、「運転免許試験場」もしくは「運転免許センター」で手続きされるのがよいかと思います。

Q3:「なかなか忙しくて申請に行けない。そんなとき代理人でも大丈夫?」

Provision

「運転免許証を失くしてしまい、再交付をしなければならないのですが、仕事が忙しくて、なかなか行くことができません。そういう場合は、代理人に頼んで申請することはできるのですか?」

答え:【できません】
運転免許証の「記載事項変更」は、代理人でも受付けてくれますが、再交付については【本人以外の申請は認められていない】んです。ご事情もあるかと思いますが、何とかして時間を作って、再交付申請をしに行くようにしてください。
ちなみに、運転免許証の更新においても、本人以外は認められていません。

Q4:「引っ越し作業中に運転免許証を紛失。再交付はどこですれば?」

Provision

「数日前に、大阪から東京へ引っ越しをしてきました。ただ、そのときに運転免許証をどこかに失くしてしまったようで、再交付をしたいのですが、この場合、元々住んでいた大阪か、あるいは引っ越し先の東京、どっちで手続きをすればよいのでしょうか?」

答え:【運転免許証の住所変更をするかどうかで変わってきます】
引っ越しでバタバタしていたら、気づかないうちに運転免許証がどこかへ…。意外とありがちなケースですよね。この場合の申請先は、運転免許証の住所変更(記載事項変更)をするか、しないかによって、申請する場所が変わってきます。

・住所変更をする場合…引っ越し先(東京)で手続きを行うことになります。
・住所変更をしない場合…元の住所(大阪)で手続きを行うことになります。

という感じで、運転免許証の住所変更をされるかどうかに依存されるようになります。なので、もし住所変更をしない方向なら、ご面倒でも大阪まで行かなければならなくなりますね。お引越しをされたばかりですと、本人確認書類の用意が難しいかもしれませんよね。そのときは、迷わず運転免許センターなどにご確認されることをおすすめします。

Q5:「盗まれてしまった運転免許証が悪用されないか不安…。予防策はあるの?」

Provision

「この前、友人と飲みに行ったときに、うかつにも財布ごと運転免許証が盗まれてしまいました。再交付の手続きはすでに完了しているのですが、盗まれた運転免許証が悪用されてしまわないか不安です。何か予防策などはありますか?」

答え:【あります】
まず、不運にも運転免許証が盗まれてしまい、すぐに再交付の手続きをされたのは、よいことと思いますが、実はこれだけではダメなんです。運転免許証には停止手続きというのはないため、新しいものが再交付されても、それまでの古い運転免許証は身分証明証として機能していると思っていた方がいいと思います。

予防策の方法としては次の方法があります。
・「紛失・盗難届」の提出
まずは最寄りの警察署や交番へ行き、「紛失・盗難届」を提出するようにします。これは再交付のあとでも大丈夫ですが、早いに越したことはありません。

・「個人信用情報機関」への申告
次に、悪用されないか不安とのことなので、キャッシングカードの発行などに使われることを避けるために、「個人信用情報機関」に申請をするのがよいかと思います。この機関には、「本人申告制度」というのがあって、運転免許証を盗まれてしまった場合など、申請をしておけば、抑止力になってくれます。
「個人信用情報機関」は、大別して3社あるので、以下にそのURLを明記しておきますので、参考にしてください。

CICは、割賦販売法および貸金業法の両業法に基づく指定信用情報機関です。安全・安心・高品質なサービスを提供することにより、クレジットやローン市場の健全な発展に貢献しています。

主にクレジットカード会社やローンを扱う銀行が加盟しています。

日本信用情報機構(JICC)は、信用情報の収集・管理・提供・開示を通じて健全なクレジットライフをサポートする指定信用情報機関です。

消費者金融会社の約80%が加盟しています。

全国銀行協会(全銀協)のウェブサイトです。全銀協は、日本国内で活動している銀行を直接の会員とする組織で、わが国の銀行業界の代表として、銀行業の発展のためにさまざまな活動をしています。

銀行や銀行関連のクレジットカード会社が加盟しています。

Q6:「再交付の手続きから届くのに数日間かかる場合、仮免許の発行とかあるの?」

gram

「先日、運転免許証を失くしてしまい、再交付をしに行ったところ、私の手元に届くのに数週間かかると言われました。この間に旅行でドライブすることになっているのですが、仮免許証のようなものを発行してもらうことはできるのでしょうか?」

答え:【何も発行されません】
運転免許証の再交付手続きから新しいものが届くまでに、日数がかかるとのことですが、残念ながらその間、代わりになるような仮免許的なものは発行してくれません。つまり、運転免許証が届かないうちに運転をすると、Q1にあるように、道路交通法違反(免許証不携帯)となりますので、心苦しいかと思いますが、ドライブ旅行は諦めて電車など公共機関で旅行に行くか、ほかの人に運転をお願いすることになります。

Q7:「運転免許証の再交付と住所変更、これって同時にできる?」

Provision

「ほんの数日前の出来事です。県外へ引っ越したのですが、ちょうど車を運転しようと思ったら、免許がないのにビックリ! 再交付をしに行かないといけないのですが、できれば住所変更も一緒にしたいと思っているのですが、できるのでしょうか?」

答え:【できます】
Q4の質問と少々重なっている部分がありますが、こちらは住所変更を行うことが前提の場合。もちろんできます。この場合は、引っ越しをされたとのことなので、お住まいの地域で対応してくれます。
その際、住所変更に必要な書類として、引っ越し先の住所がわかるものを用意するようにして、手続きをすれば大丈夫です。
運転免許証の再交付と住所変更の両方を行う場合、「運転免許試験場」や「運転免許センター」じゃないとダメという都道府県もあるようですし、また警察署で手続きが可能だった場合、お手元に届くのに数週間かかる…といった場合もあるので、どこへ行ったらよいか、事前にご確認されることをおすすめします。
ちなみに住所変更を含む「記載事項変更」は、どれも一緒に手続きできますよ。

Q8:「運転免許証の更新前に失くした!再交付と更新は同時にできる?」

Provision

「そろそろ運転免許証の更新が迫っていたので、期限を確認しようとしたら、どこにも見当たらず…。どうやら失くしてしまったようなのですが、何度も行くのは面倒なので、できれば再交付と更新を同時にしたいのですが、できますか?」

答え:【できます】
運転免許証を更新しようと思った矢先に失くしてしまう…。こんなこともありますよね? そんなときは、更新と一緒に再交付が行えます。これなら1度で済みます。
ただ、ご注意いただきたいのは、原則として警察署では、再交付と更新を同時に行えません。これは、再交付できる場所の多くが「運転免許試験場」か「運転免許センター」だからと思われます。ですので、この場合、上記のいずれかへ行くことを前提として、再交付に必要な書類を忘れずに持って行くようにしてください。
運転免許証の再交付と更新を同時に行える場所については、最寄りの警察署などへお問い合わせてご確認ください。

【補足:再交付と更新を同時に行う場合】
このときに限り、再交付に必要な費用3,500円は不要になり、更新手数料のみで新しい運転免許証が発行されるようになります。

Q9:「失くした運転免許証が出てきたけど、どうすればいいの?」

Provision

「この前、運転免許証を失くしてしまい、再交付してもらいました。そうしたら、ひょっこり前の運転免許証が出てきたのですが、これはどうすればいいのでしょうか?」

答え:【出てきた古い運転免許証を警察へ提出します】
部屋を掃除していたら、失くしたはずの古い運転免許証が出てきたというのは、とてもよく見受けられるケースではないでしょうか。もし、こういうケースに遭遇したら、古い運転免許証を近隣の警察署へ持って行って、提出してください。

【提出時の注意点】
ありがちな間違いとして、再交付された運転免許証を提出してしまうこと。これは絶対しないように気をつけてくださいね。再交付された運転免許証には、運転免許証番号に再交付の履歴が残っています。そのため、再交付された時点で古い運転免許証はその機能を失っています。なので、提出するのは運転免許証として機能していない、古い方ですよ。

Q10:「運転免許証の再交付は、いつまでにしないといけないの?」

Provision

「運転免許証を失くしてしまってから、再交付をしてもらうまでに、何日までにしないと失効されるとか、期限があるのでしょうか?」

答え:【期限はありません】
運転免許証の再交付に、実はいつまでに手続きをしないといけないというような規定はありません。翌日でも、あるいは1年後でも構わないです。その間も、お手元にないだけで、運転免許証は有効になったまま。
ただ、資格は有効でも、失くしてしまっている場合、いつまでも再交付の手続きをせずにいれば、当然お手元に運転免許証がないわけですから、車の運転はできませんよね。それに、放置していて、うっかり更新期限を過ぎてしまえば、もちろん失効もしますので、再交付の手続きをずっとせずにいて、いいことはありません。早めに手続きをされることをおすすめします。

Q11:「運転免許証の再交付は、本籍地と現住所、どっちですればいいの?」

Provision

「先日、運転免許証を失くしてしまったので、再交付の手続きをしようと思うのですが、私は、本籍が神奈川県で、現住所は東京になります。この場合、東京と神奈川、どっちで手続きをすればいいのでしょうか?」

答え:【現住所(東京)で手続きを行ってください】
本籍地と現住所の都道府県が違っていたら、もしかしたら迷ってしまう人もいるかもしれませんよね。こういった迷いが生じたら、本籍地は無視してください。あくまで現住所で行き先を決めるようにすれば、大丈夫。
ちなみに、東京ということなので、再交付の受付可能な場所は、鮫洲・江東・府中の運転免許試験場のみですので、いずれか行きやすい場所へ行くようにしてください。

Q12:「運転免許証の再交付や遺失届(盗難届)、放置して何もしないのはマズい?」

Provision

「数ヵ月前に運転免許証を失くしてしまい、車も持っていないし、どうせ運転するわけじゃないので遺失届や再交付の手続きを何もしていないのですが、これってマズいことなのでしょうか?」

答え:【いいことないので早急に対応すべきです】
運転免許証を持っていても、運転する機会がまったくない人にとっては、果たして無用の長物なのでしょうか? いやいや、そんなことはないハズですよね。身分証明証としても、かなり有効です(顔写真があるので健康保険証よりも利用価値が高いです)し、なにより「何の対策もしてない」というのは大問題です。
そこで、同じような疑問を抱いていらっしゃる方もいるかもしれないので、運転免許証を紛失などして、その後何もしていないと、どんな問題や危険があるのか、ちょっと整理して紹介しておきますので、ぜひチェックしておいてください。

再交付をしないと、
・運転ができなくなる…資格は生きているのに、運転免許証がないと運転はできません。
・運転免許証がないのに運転すると、道路交通法違反になる…「免許証不携帯」です。
・身分証明証がなくなる…ほかに証明できるものがあればいいかもしれません。
※【重要】…運転免許証は、紛失などしても資格そのものは失効していません。

遺失届(盗難届)を出しておかないと、
・親切な方が拾ってくれても、手元に戻ってきにくい…警察で届け出と照合できないためです。
・ローンの契約などに悪用されてしまう恐れがある…届け出をすることで防げます。

といった具合に、失くしてしまったあとに何もせず放置していると、正直ろくなことになりません。警察に届け出を出して、不安なら個人信用情報機関へ申告をして、できる限り早く再交付の手続きをした方がよいです。

まとめ

Provision

「運転免許証の再交付」についてのまとめ、いかがでしたか? できることなら再交付はしたくないというのは、誰だって同じ思いですよね。でも、紛失や盗難などはまったく予想ができないもの。筆者も含めて誰にだって起こりうる可能性は潜んでいるので、失くしたり、盗まれたり、あるいは汚したりしてしまわないように大切に保管しておくに過ぎたことはありません。「備えあれば憂いなし」です。
その保管方法も、外出時は車の中に入れたままにせず、持ち歩くようにするのがベストです。車上荒らしに遭遇したら、本末転倒ですよ。
また、しつこいようですが、お手元に運転免許証がない状態で運転はしないようにしましょうね。技術があるから運転したくなる気持ちもわかりますが、ここは再交付が完了するまで、ガマンですよ!


-Uncategorized

Copyright© WeDrive , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.