≪ホンダ NSR50≫原付免許で乗れる本格レーサー!中古車事情や整備方法

更新日:

残念ながら1999年の排気ガス規制によって姿を消してしまったNSR50。原付の可能性を当時の少年たちに体で教えてくれた伝説的マシンです。今回はそんなNSR50の中古車情報やパーツ、レストアについてのお話です。レース情報もあります!

CONTENTS

ホンダ NSR50

原付免許で乗れる本格レーサー

NSR50は1987年に発売されたミニレーサーレプリカです。当時、先に販売されていた、スズキ GAG、ヤマハYSR 50に比べ、エンジンやコーナリング性能が長けていたことにより、大ブレイクしたモデルでした。その差はサーキットレースなどで明らかとなり、上位をNSR50が占めていたこともその裏付けといえるでしょう。

車体型式:A-AC10
エンジン:水冷単気筒 2ストローク
最高出力:7.2PS/10,000rpm
最大トルク:0.65kgf・m/7,500rpm
乾燥重量:77kg
車両重量:86kg

度肝を抜くハイパワーなエンジン

エンジンパワーは自主規制内の7.2psを10,000rpmで出力するという高回転型エンジンです。乾燥重量77kgと軽量なボディーと相まって、時速は90キロまで軽く吹け上がるポテンシャルを持っています。

原付きには贅沢な前後ディスクブレーキを装備

スポーツバイクといっても原付であればフロントディスクブレーキ、リアドラムブレーキが当たり前ですが、NSR50は前後ディスクブレーキとなっています。生産コスト面ではリアはドラムが良いはずですが、ディスクにすることで、生産コストよりも性能を選んだ妥協のない設計であるといえるでしょう。

このNSRはのちに登場するライバル車、ヤマハ TZM50R(1993年~1999年)を意識し、さらなる進化を遂げることになります。

NSR50は大きく分けて4種類ある

1987年~1999年の生産終了までモデルチェンジを繰り返したNSR 50。大きく4種類に分けられるのでご紹介しましょう。

1987年~1988年型

初期モデルと呼ばれ、チャンバーが低い位置を通る「ダウンチャンバー」が特徴的です。安定した出力が魅力的で、のちのモデルにも流用されることがありました。しかし、ダウンチャンバーは地面との距離が近く、車体を深くバンクさせることができないので、ハンマーで叩いて位置を上げるのが走り屋の定番でした。

1989年~1992年型

初期モデルと違い、シートカウルに向かって伸びたチャンバーが特徴です。いわゆるアップチャンバーといわれ、このモデルはタンクの形状も少し変わり、サスペンションが強化されました。

1993年~1994年型

ヘッドライトが常時点灯式となり、サイドスタンドスイッチも取り付けられました。外観上はホイールのデザインが3本から6本スポークとなりましたが、レースシーンでは強度不足が懸念され、前のモデルの3本スポークに変更する人もいました。またエンジンのシリンダーヘッドの設計も若干の変更が見られます。

1995年~1999年型

ヤマハ TZM50Rに対抗するべく、1995年に大幅なマイナーチェンジをしました。通称「95モデル」と呼ばれ、NSR50史上、最も人気のモデルとなっています。

まず、シートカウルがNSR250のように跳ね上がりシャープな印象となりました。フレーム形状、スイングアーム形状も変更され、剛性がアップし、コーナリング性能が向上。エンジンは専用のACジェネレーター、ラジエターも大型化されました。

フロントフォークも一新され、トップブリッジでイニシャル調整ができるようになり、上級ライダーの走りにも純正のまま対応できる仕様となりました。最終型にして最強のモデルともいわれています。

ボディが同じサイズのNSR80も存在

NSR50と見た目は同じですが、排気量の大きいNSR80もラインアップされていました。原付二種免許がないと乗れないため、流通台数は少なめですが、交差点の二段階右折が不要で、30キロの制限速度もなくなり、原付きの煩わしさから解放されるのも魅力的でした。

排気量も80ccと大きいので、よりパワフルなのも魅力的です。エンジンのみNSR50にスワップする手法も流行しました。

車体型式:HC60
エンジン:水冷単気筒 2ストローク
最高出力:12ps/10,000rpm
最大トルク:0.97kgf・m/8,000rpm
乾燥重量:78kg
車両重量:87kg

関東と関西では愛称が違う?

NSR50は関東では「エヌチビ」、関西では「エヌゴ」と呼ばれていました。当時の走り屋系雑誌やバイク系雑誌の出版社の多くは都内にあったこともあり、エヌチビと統一されていましたが、関西では根強くエヌゴと呼ばれていました。

ちなみに最近の関西での呼び名は、オジサン世代は「エヌゴ」、若い世代は「エヌチビ」と呼んでいる傾向がみられます。これはおそらく、若者はインターネットなどのオンラインメディアからNSR50に触れたことが(ネット上ではエヌチビと呼称する人が多い?)要因だと考えられますが、真意は不明です。

ちょっとした豆知識でした。

ホンダ NSR50の中古車情報

NSR50の新車価格は26万円程でした。

ホンダ NSR50の中古車相場は14万~45万円

中古車流通台数が極めて少ない傾向のあるNSR50。やはり走り屋に御用達だったこともあり、商品として販売できるクオリティの車体が少ないことや、2ストエンジンの泣きどころでもある、寿命の短さが影響しているのでしょう。

販売されている車体の多くは傷の少ない程度の良さそうなNSR50ばかりで、基本的には走行距離が少ないと値段が上がる傾向にあります。走行距離は多くても13,000km程度ですので、低価格帯でも安心できるでしょう。

高価格帯はというと、1999年の最終モデルのレプソルカラーです。新車を上回るプレミア価格が付いており、とても希少な存在といえるでしょう。

プレミア価格で取引されている最終型のレプソルカラー

ホンダ NSR50の詳細情報。バイクの事ならバイクブロス。全国90000台以上の新車・中古バイクの中から、お探しのバイクを検索できます!気になるバイクにはネットで簡単お見積り依頼!

オレンジ色のホイールにレプソルのカラーリングが印象的な1999年最終型のNSR50。走行距離は8,000kmと、これほど程度の良い状態で残っているのも珍しいでしょう。NSRといえば走り屋の少年たちが峠でガンガン乗り回していたので、一度や二度の転倒は当たり前な車両ですが、奇麗な車体はそれだけで価値があります。

ちょっと怖い? 個人売買のNSR50

gram

ヤフオクなどの個人売買サイトを見てみると、店頭販売では見られないような状態の車体が多く流通していて、例えばハードな走りを繰り返したような傷が多くあったり、カウルが付いていない、パーツの色がバラバラであったり、割れていたりするものがあります。

ただ、このような状態の車体でも、NSR50そのものにプレミア価格が付いているので割高で出品されています。特に注意したいのがエンジンの状態。異音が出ているような車両に手を出してしまうと失敗といえるでしょう。異音=エンジン故障です。

あまりメカに詳しくない人にとっては異音に気がつかない場合と、異音が出ても普通に走れてしまうので、その重大さに気がつかなかったりする場合があります。しかし異音はエンジンにとって最終警告のようなもので、そのうち終焉を迎えるでしょう。

ハイパワーなNSR50ではエンジンへの負担も大きく、スポーツ走行が頻繁に行われることからエンジン故障が多く、エンジン単体だけでも状態が良ければ価値があります。ですので修理費も高くなる傾向があるので、損失を防ぐために現車確認をしっかりして異常はないか確認しましょう。

たちの悪い出品者では、異常を隠したまま販売することがあるようなので、パーツ代の高いNSR50は慎重に検討してください。

ホンダ NSR50をレストアしよう

最終型でも1999年ですからNSR50はもはや旧車です。また、ゆっくり走るような車種ではなく、性能をフルに引き出すように走るバイクなので、ダメージが大きい傾向が見られます。ただ、車体が小さいのでパーツも小さく、初心者がレストアの勉強をするにもおすすめです。ここでは休日に楽しめるレストアのコツをご紹介しましょう。

NSR50のレストアのポイント

バラバラに分解して修理や手直し、清掃などを楽しむレストアなので、NSR50は不動車でもいいのです。不動であれば安い値段で手に入ると思います。しかしここで注意点があるのでよく覚えておきましょう。

まずフレームが曲がっていないか確認しよう

gram

いくらレストアするからといってもフレームが曲がっているとどうしようもありません。事故車はフレーム曲がりの可能性があるので、特に注意して精査しましょう。車体を前から見て曲がっていないか、右と左のパーツとの位置関係は同じ距離か、溶接部分は割れていないか。これらを時間が掛かっても良いので、メジャーを使って数字で確認しましょう。フレームが曲がっているNSRをいくらレストアしても意味がないのです。

エンジンのオーバーホールまでやるのか?

gram

エンジンを分解してオーバーホールするのかも重要です。これで用意する車体選びも変わってくると思います。器用な人ならエンジンが例え壊れていても原因を追求して修理できますが、全くの初心者で、エンジンの構造もイマイチわかっていなければ、実働エンジンを用意しましょう。オークションなどではオーバーオール済みエンジンが販売されているので、初心者さんにはそちらがおすすめです。

ちなみに新品エンジンの在庫は何年も前になくなっているのようなので、入手できないと考えておきましょう。エンジンパーツのピストンやシリンダーが損傷しやすいので、余分に用意していても良いかもしれません。

作業スペースは畳2畳分でOK!

gram

NSR50そのものはとてもコンパクトなスペース(自転車横置き2台分くらい)で収まりますが、レストアとなると最低でも2畳分くらいは必要となります。例えば自動車の駐車スペース半分くらいあれば良いので、バイクの作業場としてはコンパクトです。これもNSR50の魅力ともいえます。

NSR50のレストアで必ずやっておきたい作業

gram

NSR50で気持よくカッ飛ばしたいのならレストアは必須です。そこで必ずやっておきたいメニューをご紹介します。

・フロントフォークのOH
・キャブレターのOH
・クラッチのOH
・ラジエター液洗浄交換
・ウォーターポンプOH
・マフラー洗浄または交換
・チェーンスプロケ交換調整

これだけやっておけばNSR50はリフレッシュされるでしょう。時間は掛かりますが完成した時の喜びも大きいはずです。

バイクが欲しい方や修理などで気軽にお問い合わせできるバイクショップをご紹介しておきますのでチェックしてみてください。

快適なバイクライフを、バイクの事なら【Bike Shop MONX】 日々のメンテナンスからエンジンの不具合。また、ヴィンテージバイクの販売等、何でもお問い合わせください。

ホンダ NSR50の最高速は?

NSR50のノーマルの最高速は85~90キロ

gram

この数字はリミッターカットされていることが前提(リミッターは60キロで作動)となりますが、フルノーマルでだいたい85~90キロ程度です。体重が軽い人が乗るともう少し伸びる傾向があるようですが、それでも十分な速度です。他車種と比較すると、同じ時期に販売されていた、ホンダの50ccスポーツスクーターのライブディオZXでは、リミッターカットして70キロ程度、排気量の大きい90ccのホンダ リード90で90キロ程度となっています。

このことからいかにNSR50が速いかがお分かりいただけたと思いますが、チューニングするともっと速さを追求することが可能です。

NSR50はチューニングすると最高速は100キロオーバー!

gram

素性の良いNSR50は、チューニングすることでさらに最高速度をアップさせることが可能です。例えば社外チャンバーとビッグキャブレター、スプロケット交換で100キロを軽く超え、120キロを確認した車体も珍しくありません。

このように原付免許で乗れる車体としてはトップレベルの最高速度を誇っています。サーキット走行に重きを置いたNSR50だからこその性能といえるでしょう。おそらくNSR50以降のモデルではここまでの性能を発揮したものはないと思います。

とにかく早いの一言。
リミッターカットのみで100キロ近く出てしまうポテンシャル。
ミニサイズでこそスピードは、体感速度だと相当な物。

Source: www.bikebros.co.jp

俺のNSRは、160Kmメーターで120Kmの所を少し超えた
ぐらいまで針は回ってました。

過去に俺に先輩で140Kmを超えてた人もいます。(NSRで)
この人は無茶苦茶する人で、タコメーターのOILランプぐらいまで
回してました。(週に1回はエンジンをオーバーホールしてました)
実際乗ってみたけど、8000rpmから下ははっきり言って走れま
せんでした。
付けてたチャンバーはKRSってステッカーはってたけどすごい
ショート管でした。(だれかが切ってはって作ったものらしい?)

Source: gentuki.lib.net

ちなみにNSR80の最高速度は120キロオーバー!

動画はNSR50を72ccにボアアップした車体の動画ですが、135キロ出ています。これよりも排気量の大きい80ccではもう少し最高速が狙える計算です。小さい車体でこの速度は刺激的ですね!

ホンダ NSR50のカスタム

【足回り】NSR50の走りを強化するパーツ

走り=パワーアップと考えがちですが、良く止まり、良く曲がることが速さの秘訣です。ここではツボを抑えたカスタムをご紹介します。

ブレーキパッド

純正よりも効きの良いパッドとして評判が良いのがこのデイトナの赤パッドです。ゆっくり街を流す程度でもやはりブレーキの効きが良いことに越したことはありません。長持ちしやすい特性もあるので、スポーツ走行をしない人におすすめです。また、レース用パッドでは効きが良すぎると感じる人にも、コントロールしやすいのでお試しください。

本格的なスポーツ走行の場合、トップスピードから急激なブレーキングを求められると思いますが、そんなシーンではこちらのモデルがおすすめです。絶対的なストッピングパワーが手に入り、繊細なブレーキングワークも可能となります。ただしデメリットとして、ブレーキディスクを攻撃したりパッドの消耗が早くなることがあるので注意しましょう。

タイヤ

どんな高性能な設計になっていても、タイヤのグリップ力が低いと持ち味が生かされません。そこでハイグリップタイヤの装着をおすすめします。グリップ力が上がると良いことばかりです。安心してアグレッシブなアクションを起こすことができるので、運転に不慣れな初心者さんにもおすすめとなります。コーナリング性能はもちろん、ブレーキの性能も生かすことができます。ただし、消耗が早い傾向にあることがデメリットといえるでしょう。

NSR50のタイヤサイズはフロント【100/90-12 】リア【120/80-12】となっています。

【エンジン】NSR50をパワーアップさせるパーツ

もともとハイパワーなNSR50ですが、慣れてしまうともっとパワーが欲しくなるのはNSR50に限った話ではないでしょう。そこでパワーアップさせる方法をご紹介します。

チャンバー

未だに新品チャンバーが販売されているのことが、このNSR50の人気の高さを表していると思います。排気効率の良いチャンバーに交換することで、さらなるパワーアップが可能です。排気音も変化するので、それも楽しみの一つとなります。また、アップタイプのチャンバーを装着することで、バンク角が稼げるのでレースでは必須のアイテムです。

キャブレター

こちらは吸気効率をアップさせるビッグキャブレターです。口径が大きくなることで、たくさんの空気とガソリンをエンジンに送り込むことができ、それによりパワーアップすることが可能です。パワーアップといえばチャンバー交換が主流ですが、チャンバーの性能を活かすためにもキャブレターを大きくするといいでしょう。

NSR50を63ccにするボアアップキットです。たったの13ccとあなどるなかれ、そのパワーに感動することでしょう。低回転から高回転まで全体的にパワーアップするのが特徴です。写真の通りパーツ点数が少ないので、初心者にもおすすめできます。

ホンダ NSR50の整備

現存するNSR50はどれも古くなってます。そのため整備することで、本来のコンディションに戻してあげましょう。ここではエンジンまわりをメインに整備についてお話しします。

NSR50の整備:キャブレター

キャブレターは取り外し、分解洗浄しましょう。洗浄に必要な物は、キャブレタークリーナーまたはエンジンコンディショナーです。汚れを分解する特殊な液剤なので、手に触れると荒れやすいのでビニール手袋をしましょう。

やり方は、キャブレターを分解し、キャブレタークリーナーにしばらく浸しておきます。そして歯ブラシなどでゴシゴシ汚れを掻き出しましょう。次にジェット類の確認です。ガソリンの通り穴が詰まっていないか確認しましょう。もし詰まっていたら針を使用し、突き出してください。もし取れない場合は部品交換しましょう。

NSR50の整備:プラグ

プラグの交換

NSR50は高回転型エンジンの2ストロークなので、点火回数も多くなり劣化も早めです。普段あまり意識していない人は交換してみましょう。ある日突然エンジンが始動しない現象が起こることがありますが、NSR50の場合はたいていプラグの劣化が原因です。

定期的に交換しておくことで、このトラブルを避けることができます。プラグコードが刺さっているのでそれを外し、プラグレンチで回して外すだけです。所要時間わずか数分なのでやっておいて損はないでしょう。

もし劣化していれば、新品に交換することで、エンジンのコンディションが復活します。パワーアップしたような感覚を覚えるでしょう。

プラグコードの交換

プラグコードも消耗品と考えて良いでしょう。プラグコードの異常が原因で突然エンジンが始動しなくなるケースもあります。ここで選択肢として考えられるのが、純正品か社外品です。純正品は寿命が長い傾向があり、社外品はレーシングパーツがメインで、スパークプラグの着火を強化するタイプが多く性能向上を狙うことができますが、寿命は純正に比べて短くなります。

NSR50の整備:マフラーのカーボン焼き

2ストエンジンは燃焼時のカーボン(ゴミ)がマフラーに蓄積し、放っておくと最悪の場合はマフラーの穴を塞いでしまいます。穴が塞がれると当然、排気できませんからエンジンが止まってしまうでしょう。それをマフラー詰まりというのですが、そこまでいかなくてもマフラー内部を狭くしてしまうので、排気効率を悪化させてしまいます。

ですので、定期的に蓄積されたカーボンをお掃除したいのですが、汚れの原因は油分を持ったススです。いろいろな方法がありますが、その中でも効率が良いのが、「マフラー焼き」といわれる手法となります。これはマフラー内部に火を入れて、油分を焼き払い、ハンマーで叩くことで衝撃を利用し、ススを落とす方法です。

焚き火の炎の中にマフラーを放り込む人もいますが、焚き火ができる環境の人も少ないと思いますし、マフラーが炎で変色してしまいます。ですので、マフラーの内部だけガスバーナーで焼く方法がおすすすめです。これなら庭先でも作業できると思います。

ホンダ NSR50のパーツをご紹介

【パーツリスト】NSR50の整備やカスタムに不可欠!

パーツリストはNSR50の整備やカスタムで重宝します。いってみれば展開図のようなものです。これがあることで、実際に分解することなく、構造を把握できます。また、バラバラになってどのように組まれていたかわからなくなったパーツも、パーツリストをプラモデルの説明書のように利用することで、組み立ての参考にできるので大変便利です。

特に、NSR50はオーナーが変わるごとに分解、改造を繰り返される性質があります。そのため欠品しているパーツがあるかもしれませんが、パーツリストと見比べることでその答え合わせができるなど、使いみちはさまざまです。

また、パーツリストには使用されている品番も明記されているので、今付いているパーツが純正品なのか調べることもできます。よくあるのは年式の違うNSR50のパーツを装着されている場合がありますが、それもパーツリストがあることで解明できるでしょう。

ご自身で整備やカスタムを考えているなら必需品です。実はこのパーツリストは作業に対する時間の目安も明記されています。ですので、それも参考にして作業計画を組むことができるのでとにかく便利です。

パーツリストはお乗りの車体番号に対するものを購入しましょう。バイクのパーツ屋さんやインターネット通販などで入手可能です。

【外装パーツ】NSR50の雰囲気を盛り上げる

一時期、外装パーツの入手が困難だったNSR50ですが、最近の2ストブームのお陰で各メーカーNSR50用のパーツの販売をするようになりました。それまで困難だったカウルの補修も容易になり、また、走り屋全盛期に流行したような耐久カウル風な商品もあるので、マニアには嬉しい現象が起こっています。

あえてネイキッドにして乗るのも良いのですが、ここはフルカウルにこだわっておきたいところです。

【メーター】NSR50の雰囲気を盛り上げる

年月が経つとどうしても傷みが隠し切れない純正メーターですが、最新のLCDマルチメーターを装着して、カラフルで見やすいコックピットにしてみませんか? さまざまな情報が表示できるマルチメーターは一つ取り付ければOKなので手間も省けます。

時速とエンジン回転数はもちろん、インジケーター、ニュートラルランプ、シフトワーニングランプ、燃料計、走行距離、トリップ、シフトポジション、水温など純正にはない表示も簡単な配線加工で情報を表示できる仕組みです。

装着するだけで雰囲気も良くなりますし、表示の視認性もアップするので走るのが楽しくなると思います。

【サスペンション】NSR50のコーナリングを安定させる

純正サスペンションならかなりの確率で抜けていたりヘタっていたりするでしょう。経年による劣化は避けては通れません。そこで中古のパーツを購入しても同じようなコンディションのものに当ってしまうと思いますので、新品パーツの使用を強くおすすめします。

ツーリングやちょっとしたお買い物程度の走行でも十分に違いが感じられるでしょう。乗り心地やコーナリングの安定感が良くなるはずです。

本気でレースに挑むなら減衰力調整やプリロード調整が可能なオーリンズ製がおすすめとなります。見た目にもゴージャスなので気分は上々でしょう!

【ホイール】軽快なハンドリングを実現

軽量なホイールもサイズが合えば装着可能です。一般的にはモンキー用として販売されているホイールが装着できることがありますので参考にしてください。ドレスアップ効果も望めます。

NSR50の純正補修パーツ

古いバイクの悩みどころでもある純正パーツ。マフラーやキャブレター、グリップなどはカスタムパーツで補うことができますが、レギュレーターやウインカーリレーなどに困ることがあります。純正品は在庫の数が減ると値段が上がる傾向があります。そのため、このように社外品で販売されていると安く手に入るので安心です。

ホンダ NSR50のレースは?

NSR50に乗るとレースイベントに参加したくなる人も多いでしょう。そこでミニバイクレースイベントを行っているショップをピックアップします。NSR50のレースイベントの予定などショップのサイトで確認しましょう。

レース用カスタムも!『Moto Garage NesT』

表向きは普通の中古バイクショップですが、レース車両などのカスタムを担当してくれるショップです。お店主催のミニバイク走行会も頻繁にしているようなので、サイトの方もチェックしてください。

Source: http://www.mg-nest.net/

住所:〒224-0012 神奈川県横浜市都筑区牛久保3丁目12−5
電話番号:045-913-4984

オートバイの新車中古車・パーツ・用品の販売はお任せ

レースパーツも取り扱っている『switch!』

ミニバイクのレースパーツ専用品店のswitch!さんのサイトです。店長さん自らバイクレースに参加しているようなので、レース情報も公開しています。それを参考にエントリーしてみてください。

Source: http://mini-bike.jp/

住所:〒698-0031島根県益田市多田町200-29-2-215
電話番号:0856-22-0889 

ミニバイクレースパーツを専門にお安く販売するウェブストアswitch!です。送料¥500(離島除く)!品揃え豊富!NSF100,NSR50,XR100モタード、APE、CBR250Rなどのパーツはお任せください!

サーキットの走行会にも注目!

ショップ主催の走行会やレース以外にも、各サーキットでは走行会などが頻繁に行われています。お近くのサーキットでミニバイクの走行枠がないか問い合わせるのも良いでしょう。

茂原ツインサーキット

千葉県にあるカートやドリフトなどでも賑わっているサーキットです。バイクはショートコース、ロングコースの選択が可能で、多くのライダーたちがこのサーキットで腕を磨いています。ミニバイクは初級、中級、上級者に分かれて走行するので初心者でも気軽にサーキットデビューが可能ですよ!

桶川スポーツランド

Source: http://osl.in/index.php

埼玉県にあるサーキットです。いきなりのコースデビューは怖いと感じている方には8の字練習コースもあるのでいかがでしょうか? また、ツナギがなくてもサーキットを周回できるなど、バイク好きにはありがたいイベントが盛りたくさんです。初心者さんからベテランさんまで幅広く愛されているサーキットです。

ホンダ NSR50のまとめ

80年代~90年代の膝擦り小僧、走り屋ブームを牽引してきたNSR50。当時バリバリの走り屋だった人は懐かしいのではないでしょうか? NSR50というと、少年が乗っているイメージですが、現在ではオジサンが乗っている姿を多く確認します。

もちろん若者も見ますが、やはり当時のリターンライダーもNSR50にカムバックしてくるようです。ちっちゃくて可愛い見た目とは裏腹に、シビアなコントロールが求められ、乗り手の腕前がハッキリと現れるバイクでもあります。

手入れしやすいコンパクトなサイズなので、これから大きなバイクにステップアップをと考えている人も、まずはNSR50から初めてみてはいかがでしょうか? ライディングテクニックの向上にも、バイクの整備技術向上にもとても向いているバイクです。

気になる方はぜひお乗りください!

-Uncategorized

Copyright© WeDrive , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.